トップページ > 白ロムの危険性 赤ロムを避けるためには

白ロムの危険性 赤ロムを避けるためには

もっと白ロムを理解するために白ロムを入手するときに気をつけておくことを紹介します。正規のルートから外れているのが白ロムです。白ロムは中古の携帯電話ですので利用にあたっては自己責任の部分が大きいのです。その一例が赤ロムの危険性だと紹介しました。赤ロムは携帯電話会社からの電波を使って本体に制限がかかっている機種です。携帯電話会社が遠隔操作によって携帯電話機の利用制限を行った機種が赤ロムです。赤ロムになる原因は機種代金を清算していない場合が多いです。途中で前の所有者が代金の支払いをストップした場合には携帯電話会社が機種への利用制限を行うのです。ここでは白ロムを入手する場合に赤ロムを避ける方法を紹介します。赤ロムを避けることで白ロムの購入代金をむだにしないでおきましょう。赤ロムになってしまうと利用することが不可能になります。赤ロムは絶対に避けたいものです。携帯電話本体には1台ずつ特別の番号が振られています。これは1台1台違う番号です。携帯電話会社によっては製造番号などという呼び方をしています。この番号を調べることによって赤ロムの危険性を減らすことができます。たとえばソフトバンクのホームページでは赤ロムチェックをすることができます。ホームページの赤ロムチェックサイトに行きましょう。チェックサイトの番号欄に製造番号を入力します。そしてチェックボタンを押すと結果がわかります。機種代金の清算が済んでいる場合は「マル」の結果が出てきます。まだ機種代金の支払い途中の場合は「サンカク」の結果です。そしてすでに赤ロムの場合は「バツ」の結果になります。「バツ」表示の場合はもう赤ロムですので購入しても意味がありません。利用できませんのでただの置物です。「サンカク」表示の場合も注意がいります。代金の支払いが滞った場合が赤ロムになります。できるだけ「マル」表示の白ロムを購入しましょう。赤ロムの危険性をなくすことができます。