トップページ > 白ロムのデメリット 型落ち機種が多い

白ロムのデメリット 型落ち機種が多い

みなさんは白ロムのメリットや利用方法について理解が深まったと思います。白ロムはしっかりと理解したうえで利用すると大きなメリットを得ることができます。そのうえで白ロムのデメリットについても理解しておくと白ロムの利用をするうえで弱点がなくなります。ここでは白ロムのデメリットを紹介します。デメリットといっても危険な内容ではありません。かんたんな内容ですので理解を深めるためのものだと思ってください。まず白ロムのデメリットですが少し古い機種が多い点です。いわゆる型落ち機種です。最新の機種も白ロムで販売されていますが流通量は多くはありません。型落ち機種のほうが流通量は多いのです。どうしてでしょうか。それは白ロムの入手プロセスを考えれば当然のことです。白ロムの入手経路は機種変更によるものが大きいです。機種変更によって白ロムが生まれます。機種変更はどのようなときに行われるでしょうか。やはり一定期間つかわれた後に機種変更されると思います。機種変更される本体は少し前の機種になるでしょう。最新機種をすぐに機種変更する人は多くはありません。そのため白ロムの流通は型落ち機種がメインになります。しかし最新機種の白ロムも少なくはありません。なぜなら白ロムを入手することが目的の人がいるからです。彼らは即解約やMNP契約などの方法で最新機種を購入します。しかし利用することが購入の目的ではありません。白ロムとして最新機種を売却することが目的なのです。白ロム買取店やネットオークションなどでは最新機種が高い価格で売れます。白ロムはこうして市場に流れます。そのため最新機種だって白ロムとして存在します。ただ流通量としては少し古い機種のほうが多いという話でした。その点を理解して白ロムを探しましょう。どうしても最新機種を白ロムで入手する場合には少し相場が上がるということも心にとめておきましょう。以上が白ロムのデメリットのひとつです。