トップページ > 私の白ロム体験記 成功編

私の白ロム体験記 成功編

わたしは今まで多くの白ロムを入手する機会がありました。しごとの都合で数多くの携帯電話を契約しました。そのため不要になった携帯端末の多くが白ロムになりました。最初のころは白ロムを携帯ショップで処分していたのです。これは今思い出すと大変もったいないことでした。白ロムの利用価値に気づいたのはSIMカード機種が登場した頃です。SIMカード機種ではかんたんに機種の交換ができます。SIMカードを交換するだけで利用する機種を変更できるのです。それまでのROM機種では契約者情報をお店で書き換えてもらう必要がありました。これは面倒なことですよね。なかなか機種を交換する敷居が高かったのです。SIMカード機種の登場によって不要になった白ロムを他人に譲ることがかんたんになったのでした。わたしははじめて入手したSIMカード機種の白ロムを友人に5000円で売りました。その白ロムはまだまだ現行の機種だったので友人が欲しがっていたのです。わたしは安い値段で友人に売却したのですがこのとき白ロムがお金になることに気づいたのです。世の中には白ロムを必要としている人がたくさんいるのではないかと気づいたのです。携帯端末は0円での販売が終了してしまい販売価格が高騰していた時期でした。多くの人が機種変更をしたくてもなかなかできない時期でした。機種変更には端末購入代金が6万円程度かかります。電話だけに6万円は高いと思う人が多いですよね。白ロムだともっと安い値段で機種変更ができます。最新機種でも6万円より安い値段で白ロムを購入できます。そうしてわたしは不要になった白ロムをネットオークションなどで売却するようになりました。できるだけきれいに丁寧に携帯端末をつかいはじめたのもこの時期です。携帯端末の値段はきれいさや傷の状態などで左右されます。きれいな携帯端末だと売却価格が高くなります。今でも携帯端末は丁寧に使っています。新規契約をしたらすぐに保護シールを貼ります。