トップページ > 白ロムを手に入れたら 注意点

白ロムを手に入れたら 注意点

機種変更によって入手した白ロムの利用方法を理解できたと思います。白ロムは利用価値の高いものです。むやみに処分などしないようにしましょう。白ロムには多くの利用方法があります。すぐに現金化したい場合は買取店に持ちこみましょう。しかし白ロムを利用する場合には少し注意点があります。初心者の場合は白ロムの利用で失敗する場合があります。あまり白ロムに慣れていない場合はしっかり勉強する必要があります。そこでこのページでは白ロムについての注意点を紹介します。機種変更によって白ロムを手にいれた人は白ロムの注意点を知っておいてください。白ロムには契約者情報が残っていません。そのため使っていた電話番号が流出することはありません。しかし機種によってはアドレス帳の情報が本体に残っている場合があります。機種によってはアドレス帳などの個人情報はメモリーカードで管理する場合があります。その場合はメモリーカードを処分することによって白ロムに個人情報は残りません。しかし本体のなかのメモリーに個人情報を書き込む機種の場合は注意が必要です。白ロムをネットオークションで売却した場合などは個人情報が流出する場合があります。とくに最近では携帯電話用のメールアドレスには市場価値があるそうです。携帯電話用のメールアドレスはプライベートで利用するものです。だから名簿業者が入手しにくいものです。そのため携帯電話用のメールアドレスの流出には気をつける必要があるのです。流出した場合には自分だけではなく友人に迷惑がかかることになります。注意が必要な理由はこのようなわけなのです。また白ロムのなかにはSIMカードがなければ機能制限がかかるものがあります。たとえばカメラやワンセグなどの機能がSIMカードなしでは動かない場合があります。白ロムにはSIMカードが基本的にありませんので機能制限の対象になる場合が多いです。白ロムのままでカメラやワンセグを利用しようと思っていても使えない場合があるのです。SIMカードは返却するものですので理解しておきましょう。