トップページ > 白ロムとは何だろうか

白ロムとは何だろうか

わたしたちの多くが携帯電話やスマートホンを毎日使っていると思います。現代の生活に必須の携帯電話やスマートホンをお得に使う方法が白ロムを使う方法です。みなさんのなかには白ロムをよく知らない人も多いかと思います。このページでは白ロムについての基礎知識を紹介します。
白ロムとは契約者情報が書き込まれていない携帯電話の本体のことをいいます。 かつての携帯電話の本体では電話番号などの契約者情報が機種本体のなかに書き込まれていました。情報を書き込む部分のことをROMといいます。このROMに契約者情報が書き込まれている場合は灰ロムや黒ロムといいます。灰ロムや黒ロムの場合は契約者の情報が機種本体のなかに入っていますので契約者以外の人がそのまま利用することはできません。しかし灰ロムや黒ロムの携帯電話を解約などによって利用しなくなった場合は白ロムになります。携帯電話ショップに持ち込んで解約の手続きを行うときに携帯電話本体から契約者情報を抜き取ります。これによってROMのなかに契約者情報がない状態になります。これが白ロムとよばれる状態なのです。
現在の携帯電話やスマートホンはROMではなくてSIMカードの形式で契約者情報を管理しています。厳密に言うと現在の多くの携帯電話機やスマートホンでは白ロムというよび方は正しくありませんが今でもそのように呼んでいます。
現在の携帯電話やスマートホンでは契約者情報が入ったSIMカードがささっていない状態を白ロムといいます。白ロムの状態の電話機本体は誰でも利用できる状態になっています。自分の契約者情報が入ったSIMカードを白ロムに挿入すれば自分の携帯電話として利用することが可能になります。利用にあたってはとくに携帯電話ショップに持ち込む必要はありません。SIMカード機種とROM機種ではこの点で違いがあります。SIMカード機種では白ロムをかんたんに利用することができます。むかしに比べて気軽に白ロムを利用することができるようになりました。